ホーム > 木村屋の歴史

木村屋の歴史

 


 

 

山下式アルミ箔衛生紙缶とオブラート

 

明治35年創業「木村屋」の創始者山下九助(くすけ)は、菓子店を営みながらも、菓子店特有の悩みを解消すべく日々創意工夫を図った人でした。
 今日、全国どこの羊羹にも共通しているのは、羊羹を包んでいるあの内側アルミ箔の包装材です。大正14年、日を経ると変質してしまう羊羹の長期保存と、製造時、極度の高温となる素材の冷却を早めるため考案されたこの製法は、まさに一石二鳥の画期的発明でした。
 また、薬を包むオブラート。これも元々は、夏場に溶けてくっつき合ってしまう飴玉を、ひとつひとつ包んで商品価値が落ちないようにして、しかもそのまま食べられるという発想から生まれたものでした。
 ただ歴史が長いだけの老舗ではなく、常に前を見つめながら創意工夫を忘れず、皆様に愛されるお菓子作りを心掛けております。
「木村屋」の美味麗菓を是非一度、ご賞味下さい。

三代目当主  山下 惣市

 

 

プライバシ−ポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | お支払い方法 | お問合せ